南シナ海を舞台に米中が戦争に突入 米元海軍大将の小説「2034」が話題 著者「いかに背筋が凍るものになるか…」

 2034年の南シナ海を舞台に、米国と中国が戦争に突入する-。そんな緊迫する両国関係の近未来像を描いた小説『2034』が米国でベストセラーとなり、話題を呼んでいる。著者のジェームズ・スタブリデス退役海軍大将は、「米中の戦争がいかに背筋の凍るものになるか想像し、回避策を考えるべきだ」と訴えた。
(ニュース速報)