“伝達疑惑”よりヤバイ 阪神・矢野監督の暴言、ファンに丸聞こえSNSで拡散

 6日のヤクルト-阪神戦(神宮)で、二走の阪神・近本光司外野手(26)が打者へのコース伝達行為を疑われた場面に関して、セ・リーグの杵渕和秀統括が7日、阪神側に「紛らわしい行為はない方がいい」と注意した。
(ニュース速報)