仏独首脳、中国の人権状況に重大懸念を表明 習主席は欧州の干渉を牽制

 フランス大統領府によると、同国のエマニュエル・マクロン大統領と、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、中国の習近平国家主席は5日、オンラインで会談した。仏独の首脳は、香港や新疆ウイグル自治区を念頭に、中国の人権状況に重大な懸念を表明し、強制労働撲滅を改めて訴えた。共同通信が報じた。
(ニュース速報)