ワクチンパスポート要望 経団連、政府に「早期導入を」

 経団連の古賀信行審議員会議長は26日、西村康稔経済再生担当相とのテレビ会議で、海外渡航の際に新型コロナウイルスのワクチンを接種したことを証明する「ワクチンパスポート」の制度導入を要請した。経団連では実現に向けた専門部会を近く設置する。海外とのシステム共通化のあり方や、実用化の課題などを議論し、報告書をまとめ、政府に対しワクチンパスポートの早期実現を促す。
(政治経済ニュース)