Skip to content

ファイザー以外のワクチン、承認されれば「第二ルート」で検討 河野担当相

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 河野太郎ワクチン担当相は23日午前の記者会見で、国内初承認の米ファイザー製に続く別メーカーの新型コロナウイルスワクチンが承認された場合、現在のファイザー製ワクチン用の接種体制とは別に「第二ルート」(河野氏)での接種体制構築を検討していく考えを示した。「21日(間隔)と28日(間隔)で2回打つものが混在するのは、多分いろんなところで混乱が生じる。ルートを分ける必要があるのかなと思う」と述べた。
(ヘルスケアニュース)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top