トヨタが脱炭素に向け水素エンジン開発へ 量産化へまずレースでデータ収集から

 トヨタ自動車は22日、脱炭素に向けた取り組みとして、水素を燃やして走るエンジン車を開発し、量産を目指す方針を明らかにした。二酸化炭素(CO2)を出さず、現行のガソリン車の部品を活用できるのが特徴。電気自動車(EV)や水素で発電する燃料電池車(FCV)に続く、新たな環境車として期待が掛かる。まずは自動車レースに導入し、データを収集する。
(ビジネスニュース)