ダイキンと鳥取大、乾燥地域の空調技術で共同研究

 ダイキン工業と鳥取大は23日、乾燥地域での空調技術などについて共同研究を進める包括連携協定を結んだ。鳥取砂丘を活用して乾燥地研究を進めてきた鳥取大の知見を生かし、成長が見込まれるアジアやアフリカ地域での空調事業の展開に役立てる。今後10年間で総額10億円程度の投資を想定する。
(ビジネスニュース)