セブン、オフィスビル内で実験公開 配送ロボ実用化へ準備着々

 自動配送ロボットによる宅配サービスの実用化がいよいよ近づいてきた。コンビニ大手のセブン-イレブン・ジャパンとソフトバンクなどは20日、自律走行ロボットがオフィスビル内で商品を配送する実証実験を公開した。楽天や日本郵便なども自動配送ロボットの実証実験を始めており、法整備の議論も進む。新型コロナウイルス感染拡大で需要が増大する運送業界の人手不足解消や生産性の向上につながると、実用化への期待が高まっている。
(ビジネスニュース)