Skip to content

スパイ容疑で中国に2年拘束、元教授の家族ら解放訴え 「父の無罪を発信し続けたい」

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 北海道教育大学の袁克勤教授(当時)が2019年、中国に一時帰国した際、スパイ容疑で当局に拘束されて2年が経過した。親族や友人、研究仲間でつくる「袁克勤教授を救う会」は5月31日、国会内で記者会見を開き、日中両政府に緊急アピールを行った。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top