スエズ座礁で渦中の「今治」は世界4大海事集積地 香港・ギリシャ・北欧と比肩

 地中海と紅海をつなぐ国際海上交通の要衝・パナマ運河(エジプト)で3月23日にコンテナ運搬船「エバーギブン」(全長400メートル、幅59メートル、パナマ船籍)が座礁して1カ月近く。同船は離礁したものの現地の裁判所に差し押さえられ、運河内の湖に留め置かれたままとなっている。多額の損害賠償金の支払い問題が背景にあるためだ。解決にはかなりの時間がかかるとみられる中、問題に直面しているのは船主の「正栄汽船」。「日本最大の海事都市」「世界の四大船主の一つ」とも称される愛媛県今治市にある会社だ。
(ビジネスニュース)