アサヒ「生ジョッキ缶」、販売休止

 アサヒビールは21日、20日に全国発売したばかりの缶ビールの新商品「スーパードライ 生ジョッキ缶」の販売を一時休止すると発表した。販売量が想定を上回り、安定的な供給ができなくなったため。計画していた4月製造分を出荷次第、休止となる。6月中旬以降に数量限定で販売を再開する予定としている。ジョッキで飲む生ビールの感覚を目指し、蓋を全開すると泡が発生する特殊な缶を採用したのが特徴で、この蓋部分の製造が追い付かないという。今月6日にコンビニエンスストアで先行発売したが、想定販売量を超える注文が寄せられたため8日に出荷を一時停止。20日には全国のスーパーなどでも発売を始めたが、わずか1日で休止を発表す…
(ビジネスニュース)