Skip to content

【罹患率1位 大腸がん予防最前線】低用量アスピリンで腺腫6割抑制 8カ月服用、がん化を阻止

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 大腸がんは、遺伝的な要因に加え、加齢や食生活の乱れなどが重なり、中高年以降に発症しやすくなる。年間の新しい患者数(罹患率)でも大腸がんは第1位で、増加傾向にある。そんな大腸がん予防のために、近年、既存薬での予防法の開発が進行中だ。腸活も含め、最新の研究について専門医に聞く。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top