【突破する日本】LGBT法案、不当差別許されないが「ファッショ」に導くのは危険

 歌手の宇多田ヒカルが先日、「私はノンバイナリー(=自分のことを女とも男とも位置付けていない人)」と告白した。自分の性別を認識する「性自認」の問題だ。昨今、LGBT(性的少数者)が話題になることが多いが、まだ全体のコンセンサスが成立しておらず、混乱しているのが現状だ。
(ニュース速報)