【桂春蝶の蝶々発止。】大谷は「道をつくる、一流の二刀流」 張本氏の「喝」は活躍盛り上げに不可欠

 「道を追うのは三流、道を選ぶのが二流、道をつくるのが一流」 こんな言葉を聞いたことがあります。そういえば、アントニオ猪木さんは引退セレモニーで、「この道を行けばどうなるものか。危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。迷わず行けよ、行けば分かるさ!」と言っていました。一流はまさに、「前人未到の地」を踏んでは、後進に道をつくるものなんでしょうな。
(ニュース速報)