【最新国防ファイル】海自最大の護衛艦「いずも」 中国の脅威に備え「空母化」1回目の改修が終了

 海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」は、改修・点検作業を行うため、約1年にもわたり、ジャパンマリンユナイテッド株式会社横浜事業所磯子工場(横浜市磯子区)のドックに入っていた。目的は「空母化」を目指すこと。大規模な工事を伴うことから、2回に分けて実施することになった。
(ニュース速報)