【新・兜町INSIDE】米民主党「意趣返し」警戒…FRB議長交代で早期利上げも

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の任期満了を来年2月に控え、後任人事が市場の関心を集めている。低金利政策に理解のある共和党系のパウエル氏が去れば、「利上げの前倒し懸念がさらに増し、株価のマイナス要因になりかねません」(外資系証券幹部)と警戒されている。
(ニュース速報)