Skip to content

【定年後・自走人生のススメ】継続雇用先の拡大に期待 高年齢者雇用安定法改正

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 2013年4月改正の高年齢者雇用安定法では、企業に「定年制の廃止」や「定年の引き上げ」「継続雇用制度の導入」のいずれかの措置(高年齢者雇用確保措置)を講じるよう義務付けた。施行から7年が経過し、今では、65歳までの高齢社員の雇用を確保するために、法が定める何らかの「措置」を設けている企業は99・9%に上る。前述の3つの措置のうち「継続雇用制度の導入」を選択している企業が一番多く76・4%にもなっている(厚生労働省「2020年高齢者の雇用状況」)。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top