Skip to content

【大腸がんAI検査最前線】肉眼には見えづらい陥凹型がん発見 通常の内視鏡検査では発見が難しかったが…AI支援で見つかるように

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 大腸がん診断の常識を変える、AI(人工知能)を搭載した内視鏡検査が登場した。大腸がんといえば、良性のポリープが悪性化するというイメージがほぼ定着しているが、盲点は陥凹(かんおう)型の大腸がんだ。通常の内視鏡検査では発見が難しかったが、AI支援により陥凹型がんが見つかるようになってきた。陥凹型の大腸がん診断・治療の権威でAIの開発に携わった昭和大学横浜市北部病院の工藤進英・消化器センター長に、世界初となる最先端の検査方法について聞いた。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top