【ゴルフわすれな草】篠崎紀夫(2) 「別に勝てなくても…」と無欲になりツアー初優勝! 気の置けないプロ仲間の森田徹が声を掛けた「いいな、初シード権!」

 サッカーに没頭していた篠崎紀夫は、高校卒業後にショートコースを併設している北谷津ゴルフガーデンの練習生となった。身長162センチ、体重67キロの体格でプロスポーツ選手として生きていける道をゴルフに見いだしての決断だった。独学で腕を磨き、5年後の1992年PGAプロテストに合格する。22歳の時だった。
(ニュース速報)