Skip to content

【もう1回みたい!橋本壽賀子ドラマはこれだ】「おしん」 描きたかったのは「辛抱」ではなく「身の丈に合った生き方」、奥底に見える精いっぱい生きれば十分という優しさ

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 NHK朝ドラ第31作として放送された『おしん』は日本だけでなく、世界で愛される橋田ドラマの代表作だ。明治、大正、昭和の激動を生き抜くヒロインのおしんを、子役の小林綾子、娘時代の田中裕子、老年期の乙羽信子の3人が演じた。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top