【これぞ男の時代劇 原田芳雄の世界を見たか】円熟期は“育ての親”役で存在感 印象深いのは「あずみ」と「どろろ」

 復讐(ふくしゅう)の旅を続ける渡世人、大勢の敵を相手に暴れまわる浪人など、時代劇では独特の翳を感じさせるアウトローを演じることが多かった原田芳雄は60代以降、若い主役たちに強い影響を与える“育ての親”といった役が増えた。
(ニュース速報)