Skip to content

【ここまで進んだ最新治療】風邪ウイルスでがん細胞を破壊「テロメライシン」 臨床研究で腫瘍縮小・消失の高成績

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 ウイルスの遺伝子を人間の手で改変し、がん治療に役立てる「がんウイルス療法」。その1つに、がん細胞内のみで特異的に増殖して、がん細胞を破壊する「腫瘍溶解ウイルス」を用いた治療法がある。2015年には世界で初めて、メラノーマ(悪性黒色腫)に対するヘルペスウイルスに遺伝子改変を加えた製剤が欧米で承認されている。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top