Skip to content

「東京五輪ボイコット」文政権が“最後の賭け” 「竹島」を悪用して「領土守る英雄」演出か 頭の中に“アスリート愛”なし

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 韓国の李洛淵元首相と、丁世均前首相らが、東京五輪・パラリンピック組織委員会ホームページの日本地図から、島根県・竹島(韓国名・独島)の表示削除を求めている。韓国外務省も1日、在韓国日本大使館公使を呼んで抗議した。歴代首相らが「五輪ボイコット」もチラつかせる異常さに、加藤勝信官房長官は「竹島は、わが国固有の領土であり、韓国側の主張は受け入れられない」と突き返した。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top