「ターゲティング広告」が曲がり角 アップル&グーグルが個人データ収集を制限 広告収入をあてにした無料サービスなど見直しへ

 個人データを活用して対象を絞り込み、ネット広告を効率的に配信する「ターゲティング(追跡型)広告」が曲がり角を迎えている。プライバシー保護の機運が高まり、米巨大IT企業のアップルとグーグルが個人データの収集を制限する仕組みを相次いで打ち出したためだ。
(ニュース速報)